薄毛はどうやって治療する?

セルフメンテナンスか、それともクリニックに行くのがいいのか?

薄毛は男性の大きな悩みの種といえるかもしれませんが、昨今は食事様式の変化やストレスの増加などが影響し女性にとっても悩ましい問題になってきています。薄毛は加齢と共に生じる自然の摂理なので何をしても仕方がないと感じる方も多いようですが、薄毛は治療可能といわれる時代です。いくつかの対処方法をお伝えしますね。
薄毛の治療をどう行っていくか判断する際に大きく2つのカテゴリーに分けることができるボーダーラインがあるのですが、それは見た目に問題があるかどうかです。他人からは気付かれないけど、自分としては生え際の後退や髪をかき上げたときなどに自覚がある場合です。この状態だと「市販の育毛剤」で対応可能といわれています。
対して、見た目に分かる状態になっていたらクリニックに行くことをお勧めできます。「医療品としての発毛剤」や「発毛薬」によるより効果性の高い治療を受けられます。

保険適応外でもクリニックに行くメリット

薄毛治療は、生命に関わる治療とみなされていないので、美容整形と同じ分類にあり、基本的に保険適応外になり治療は高額になります。しかし医師による適切な判断から処方される発毛剤や発毛薬といった薄毛治療薬、自毛植毛、HARG治療(発毛機能自体を蘇らせる再生治療)などは効果性、信頼性が高く、クリニックで治療を受けるならではの利点といえます。また、自然に起こる薄毛だと思っていても、治療を受けてみると実は皮膚疾患から来る別の原因があったということが判明することもあります。そうなると、保険適応を受けながらの治療になります。無料相談を受け付けているクリニックが多いので、正しい判断をするためにも、まずは相談してみるのは価値があるでしょう。
薄毛の相談はちょっと恥ずかしいと思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。体のメンテナンスの一つととらえ、早めに行動し、薄毛に上手に対処していきましょう。

© Copyright Early Dealing Causes. All Rights Reserved.